メディア

現代ビジネス掲載「”コミュニティ”とは何か【後編】」

2019年8月23日

現代ビジネスで紹介した、コミュニティーに関する考察の後編です。スポーツ留学とオンラインサロンの共通点や、カレーというコンテンツの特異性を説明しながら、今後のコミュニティ運営のヒントを探っています。
*前編はコミュニティ”とは何か【前編】をご覧ください。

 

Alternative

 

”コミュニティ”とは何か【後編】

 

“コミュニティ”は現代の孤独を救うことができるか


私は現在、フロリダ州でIMGアカデミーという教育機関に身を置いている。アンドレ・アガシやマリア・シャラポワなど世界ナンバーワンのテニス選手や、日本人では錦織圭選手も卒業したスポーツアカデミーと言えば、日本でも認知度が高くなってきたように思う。

 

短期間のスポーツキャンプには子供から大人、初心者からプロレベルまであらゆる年齢やレベルのアスリートを受け入れる一方、軸となっているのは中高一貫の全寮制の学校として世界80カ国を超える様々な地域から集まる留学生を受け入れる長期留学プログラムだ。

 

全校生徒はおよそ1200人。テニスやゴルフ、野球、サッカー、バスケットボールなど全8競技に分かれ、勉強とスポーツに励む生徒たちが東京ドーム約50個分にも及ぶ広大なキャンパスで生活を送るコミュニティになっている。

 

前編で新たなコミュニティとしてのオンラインサロンを取り上げたが、その有効性を考える時、私には、このスポーツ留学の場がとても参考になっている。読み解くための大きなヒントの一つは“多様性”だ。

 

先に述べた通り、生徒は80ヵ国以上から集まってくる。言語も違えば、育った場所も、その背景にある文化もおそろしく違う。しかしその多様性こそが、人の成長に大きく寄与している。

 

ある日、テニスコートで日本人のAさんが、南米出身のBさんと練習試合をしていた。セルフジャッジと言って、審判を立てず、選手が互いにアウト/インの判定をしながら試合を進めていった。

 

続きはこちらから

RECOMMEND

ABOUT IMG ACADEMY

お問い合わせ

長期留学のお問い合せはこちら
03-6758-7890
短期キャンプのお問い合せはこちら
03-6758-7891
Sunset view of the IMG Academy stadium entrance surrounded by palm trees
〒106-0032 東京都港区六本木7-18-18
住友不動産六本木通ビル7F

アドバイザーとチャット!

顧問とのチャットでは、私たちのプライバシーポリシーに同意し、それを読んでいます: 個人情報保護方針

お問い合せ

以下のフォームからお問い合わせください。担当者から連絡を差し上げます。

情報をお送りいただくと、プライバシーポリシーに同意することになります。詳しくは以下のリンクをご覧ください。 個人情報保護方針

連絡する

Email

Connect: